クイーンと「ボヘミアン・ラプソディ」とオーストラリア

シンコーミュージックのMusic Life誌1977年お正月号の表紙  新しい年になって早くも二ヶ月半が過ぎてしまった。年度替わりも目前ということもあって、4月からの仕事の予定などを考えることが多く、自分が昨年の秋ごろに何を思い、何をしていたかすっかり忘却の彼方…となっている。しかし、一つだけその時分から現在に至るまで、継続して私の関心事の隅っこの方にずっと引っ掛かっているものがある。それは空前の…と言って良いのだろう…ヒットとなった映画「ボヘミアン・ラブソディ」である。 昨年5月15日に公開されたティーザートレイラー  日本でこの映画が公開されたのは去年の11月頭だったが、直後からネット上のニュースやエンタメサイト、TwitterやFacebookなどは「ボヘミアン・ »

Lending Promises

Generally, most property purchasers require some form of finance. The prudent purchaser before attending an auction or signing a contract of sale will obtain finance approval »

日本でちょっとトレンドだったサマータイム

週に一回、神奈川県にある大学で「地球社会とオーストラリア」という教科の講義を担当している。 教師の専門や興味によって、内容は何とでも展開出来るありがたい教科名で、過去にはオーストラリア先住民の話や、ジェンダーの話に重点を置いた講義が行われたことがあったようだ。  2年前からこの教科を担当している私は、学生たちにオーストラリアにもコアラやカンガルー、ビーチなどの他に、歴史や政治、文化、一般の人々の暮らしが存在していることを知ってもらいたい、リアルなオーストラリアを感じて欲しいと願って教壇に立っている。90分×2コマ、3時間の長丁場の講義では、私がしゃべるだけでなく、オーストラリアのニュース番組などのビデオを観てもらって、なるべく生のオーストラリア情報に触れてもらう機会を作っている。  その目的達成のために、毎週学生たちに任意で取り組んでもらっている課題がある。題して「What’s »

Co-owners of property

Property investment in the last 10 years has been the boom topic around Australia. However, when real estate starts to take at turn, investors in all »

【回答編】クッキーモンスター vs. ビッキーモンスター

前々回のブログで、オーストラリア英語に特徴的な「イー化」の話を書いた。そうしたところ、その後オーストラリアのラジオなどを聴いていると、やたらと「イー化単語」が耳につくようになった。やはりそれだけ話し言葉の中で多用されている、ということなのだろう。  先日は、オーストラリアを代表する俳優の一人、ガイ・ピアースが米国のトークショー「The Late Show with Stephen Colbert」に出演した際の動画に行き当った。その中でピアースはオーストラリア英語のことを語っていて、正に単語の最後の「イー化」について短くだが触れていた。 »