ハロウィンを祝うのは非国民??

またまた巷にカボチャが溢れる季節がやって来た。ハロウィンである。このお祭り、というのか、イベント、というのか、商戦?というものが日本で騒がれ出して、どのくらいだろう。15年ぐらいだろうか。私がオーストラリアに留学したのは2003年だが、その頃には話題にはなっていたが、今ほど大騒ぎはしていなかったように思うが…。  この日本における“ハロウィン現象”、どうも私は馴染めない。そもそも私はへそ曲がりで、多くの人が一様に騒いでいる事柄には何となく冷めてしまう人間である。そこに持って来て、クリスマスやバレンタインデーと同様に、その行事の歴史や文化的背景と切り離され、商業的な側面ばかりがプロモーションされていることに強い違和感がある。  更に!日本上陸当初はハロウィンが“海外” »

Ineffective Contracts

Generally, all aspects of modern life involve some form of written contract. However, as time pressures increase in daily life, the necessary diligence that is required »

クジラ狂騒曲②「エデンの東にクジラが一杯?」

フェイスブックは“お節介”だ。ログインすると「〇〇さんは知り合いじゃないか?」とか「××を使って、友達を探そう」とか、ちょっとうるさい。そもそもフェイスブックの趣旨は、フィジカルな人との関わりを越えて、ネット上で沢山の人と繋がり世界中に友達を作ろう、ということなのだから、その“お節介”は当然のことなのだろう。  ただ、私は毎日会うことは出来ないが、近況を伝えたり、聞いたりしたいフィジカルな友達とレギュラーに繋がっているためにフェイスブックを使っている。未知な友達を増やすことには全く興味がないので、知り合いじゃない?というような表示がされると、非常に手前勝手ながら、ちょっとイラっとしてしまうのだ。 »